感謝の気持ちを持ち続けましょう!

アンシャンテ小学生以下メンバーのみんな! 昨日はお疲れ様でした!!

初めてお客様の前でバレエを踊るメンバーもいて、また、想像以上に大勢のお客様の前だったので、ドキドキ感で一杯だったと思います。

でも、そんな心配を吹き飛ばすような、堂々としたバレエができていました。

踊りが終わった後、沢山の温かい拍手が鳴り響くのを聞いて、皆さんは何を感じましたか?
ホッとしたという気持ちもあったと思いますが、自分のバレエを表現できた嬉しさ、達成感や充実感を感じませんでしたか?

クリスマスに「くるみ割り人形」を踊ることは、多くのバレリーナの夢の1つです。
みんなが舞台で踊れることは、とっても幸せなことなんです。

だから、自分を支えてくれる全ての人への感謝の気持ちを忘れずに持ち続けてください。
バレエを習うために、ご両親を始め沢山の人々のお世話になっていることを、忘れないでください。

昨日の「楽器で奏でるコンサート」でも、運営や準備をする沢山のスタッフのかた、アンシャンテを一生懸命紹介してくれた司会進行のかた、バレエを見に来てくれた沢山のお客様、そして、ご家族・仲間に感謝の気持ちを忘れずに、次回はもっと上手になったバレエを観ていただけるよう、感謝の気持ちを持って、これからも一生懸命、練習をしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする